お尻の皮膚ケア方法

お尻皮膚ケア方法

お尻の黒ずみやブツブツで肌トラブルを起こしている方は、
なかなか相談できないで困っていませんか?
ここでは、お尻の肌トラブルの原因と、皮膚のケア方法をお話します。

 

お尻のトラブルの原因

長い時間椅子に座って仕事をしていると、汗をかきやすい季節は
蒸れてニキビができたり皮膚にぶつぶつができたりします。
摩擦によって、メラニンを作り出す働きを持っているので
肌のくすみや黒ずみになります。
体に合っていない下着で締め付けたり、おしゃれなナイロン下着も
皮膚の状態が悪くなります。
また、皮膚が乾燥するとバリア機能が落ちてくるので外部からの
刺激にすぐに反応して、荒れたりかゆみが出たりします。

 

お尻の皮膚ケア方法

 

お風呂

お風呂でブラシなどで、お尻をごしごしとこすっていませんか?
お尻を洗うときは、石鹸をしっかり泡立てて摩擦をさけて洗いましょう。
タオルを使う場合は、ナイロン素材は避けて綿やコットンにしましょう。
ボディーソープは、界面活性剤が多く使われていて肌に刺激になることもあります。
皮膚が荒れている場合は、刺激が少ない石鹸に変えてみましょう。
シャンプーやトリートメントが皮膚に残っている場合もありますので
しっかりと体は流しましょう。

 

 

保湿の方法

お風呂上りは、保湿化粧品をつけます。
お風呂から上がったら、早い段階でつけましょう。
肌が乾燥すると、ニキビや肌荒れの原因になります。
乾燥を防ぐ保湿成分は、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタエキスです。
保湿化粧品を購入したときは、最初に腕の柔らかい部分につけてテストします。
優秀なコスメでも、肌に合わないことあるのでテストは必要です。
つけ方は、手のひらに広げてお尻全体になじませるような気持ちで伸ばします。
こすりつけうようなやり方は、摩擦が起きるのでNGです。
下着は、ナイロン製は避けて通気性がいい綿やコットンを選びましょう。

 

ジェルタイプが使いやすい

顔の保湿は、美容液や乳液でもオーケーですが、お尻の保湿化粧品は
ジェルタイプが使いやすいです。
クリームをつけるとべたべたして、落ち着かないことがあります。
ジェルタイプは、さらっとしてテクスチャーで人気です。
最新情報では、お尻専用で皮膚ケアができる商品が発売されています。
通販で販売している場合は、口コミなども確認してみましょう。

 

 

 

最後に

お尻のトラブルで悩んでいる方は、お風呂の入り方や皮膚のケアを行うことで
だんだんとすべすべになってきます。
皮膚のケアをして、お尻がすべすべになれば気持ちも明るくなってきます。